« プラスになる職場体験研修 | トップページ | いじめる側の記憶ほろ苦く »

2006年12月22日 (金)

難病医療費の縮小に疑問符

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー Video Games ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー

販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2006/12/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ギアーズ オブ ウォー(初回限定版) Video Games ギアーズ オブ ウォー(初回限定版)

販売元:マイクロソフト
発売日:2007/01/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

モンスターハンターポータブル 2nd Video Games モンスターハンターポータブル 2nd

販売元:カプコン
発売日:2007/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Video Games テニスの王子様 ドキドキサバイバル 海辺のSecret

販売元:コナミデジタルエンタテインメント
発売日:2007/01/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ある県は難病医療費助成の縮小を打ち出した。国が助成する難病以外の県独自の難病指定を縮小するという。増加する一方の県民の医療費抑制のためだろうが、 いかがなものかと思う。医療費の増加は高齢化社会のため全体的な問題だが、国と県はともに難病だけは家計負担を考慮して助成すべきだ。むしろやめるべきは 乳幼児医療費の無料化である。少子化対策という大義名分でなされているが、どうも政治家の人気取りのように見える。乳幼児無料化には所得制度を設けるべき だ。風邪の治療費が無料になるからといって子供を産もうという人はいないはず。乳幼児医療費の無料化は乱診乱療の土壌づくりになり、将来の医療費増大の原 因になるに違いない。医療費助成は真に必要とする人たちにすべきだ。

|

« プラスになる職場体験研修 | トップページ | いじめる側の記憶ほろ苦く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 難病医療費の縮小に疑問符:

« プラスになる職場体験研修 | トップページ | いじめる側の記憶ほろ苦く »