« いじめを防ぐ嫌と言う勇気 | トップページ | 伝統競技復活「猛進」を望む »

2006年12月31日 (日)

ノロウイルス予防法広報を

ノロウイルスを原因とする感染性胃腸炎や食中毒の発症者数が11月、12月だけで前年の約3倍となった。高齢者施設などでは死亡者も出ており、真剣にその対策に当たらなければならない。感染性胃腸炎の集団発生は、施設の約8割が高齢者施設だが、人から人への感染が多いことを考えると、各家庭においても十分気を付けなければならない。年末年始の忘年会や新年会、初詣でなどでも留意しなければならない。手洗いやうがいの 行、発症者の排泄物や嘔吐物の処理の仕方など、知識はあっても細かな注意点になると不安もある。量販店や流通業者などの監視態勢強化とともに、ノロウイルス感染の基礎知識や予防法など広報などを通してほしいものである。

|

« いじめを防ぐ嫌と言う勇気 | トップページ | 伝統競技復活「猛進」を望む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノロウイルス予防法広報を:

» 食の安全通信簿 17 [食の安全通信簿]
17回目ですね。で、ここまでで一度、まとめておきましょう。(お問い合わせにまとめ [続きを読む]

受信: 2007年1月 1日 (月) 09時20分

« いじめを防ぐ嫌と言う勇気 | トップページ | 伝統競技復活「猛進」を望む »