« 生命の大切さ念ずる一年に | トップページ | 2選手のスタメン期待 »

2006年12月31日 (日)

人事でない夕張の破綻

かつて炭こうの町として栄え、今ではメロンで有名な北海道夕張市が財産破綻に陥り、再建団体として今後二十年間超緊縮財政を強いられる。そのため住民は悲
鳴を上げて逃げ出し始めたという。あらためて政治の恐ろしさを見ると同時に、とても人事に出来ない思いになる。今や日本中が借金まみれである。個人的には
ローンを抱える家庭があり、国は予算の三割前後を国債に頼っている。もはや政治への無関心は許されない。為政者は不要不急のものをつくらず、必要最低限の
ものを優先させた健全財政を第一にすべきである。同時に国民一人一人が税金の無駄遣いを監視し、補助金や助成金を拒否するくらいの強い意志を持たねばならないと思う。

|

« 生命の大切さ念ずる一年に | トップページ | 2選手のスタメン期待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人事でない夕張の破綻:

» 和解合意書ってナニ? [過払い金返還請求をしましょう!!  ]
司法書士に過払い金の債務整理つまり和解手続きを依頼しました。お金が戻ってくるまでにどのくらいの日数がかかりますか? 過払い金の返還の和解の場合、通常、和解合意書を作成します。その合意書の条項に、いつまでに支払うというのを定めて和解します。 その期日までには所定の口座に振り込まれると思います。 その合意書は双方1通ずつ所有しますので、 依頼した司法書士に、合意書を見せてもらい、 正確な期日を確認してみましょう。 ... [続きを読む]

受信: 2007年1月 1日 (月) 11時10分

« 生命の大切さ念ずる一年に | トップページ | 2選手のスタメン期待 »