« 自殺者遺族に行政は支援を | トップページ | あっせん禁止渡辺氏に期待 »

2007年3月29日 (木)

治安の改善へ連帯意識必要

内閣府の「治安に関する調査」によると、日本の治安は悪化したと感じている人は84.3%もいるそうです。原因として、来日外国人による犯罪の増加、地域
社会の連帯意識希薄化、青少年の教育が不十分、犯罪に対する刑罰が軽い…などが挙げられました。刑罰が軽いといえば、最近では飲酒運転の罰金を以前より重
くするなど、国は治安を良くするためいろいろな取り組みをしています。しかし、私達が治安を良くするために何かに取り組んでいることはあるのでしょうか。
地域社会の連帯意識が希薄になったということがありましたが、これは私達で解決していくべきだと思います。みんなが連帯意識を高めれば、治安は良くなるはずです。

|

« 自殺者遺族に行政は支援を | トップページ | あっせん禁止渡辺氏に期待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 治安の改善へ連帯意識必要:

« 自殺者遺族に行政は支援を | トップページ | あっせん禁止渡辺氏に期待 »