« 銃や核などはこの世に不要 | トップページ | 大切にしたい日米友情の話 »

2007年4月26日 (木)

鈴花ちゃんの支援体制感激

のどの障害でたん吸引が必要な東京都東大和市の青木鈴花ちゃんが、満面の笑みを浮かべて地元小学校の普通学級に入学した記事と写真が新聞に載っていた。心から拍手を送るとともに、今後の生活がよりよい環境の下で送れるように願う一人である。鈴花ちゃんは明るく聡明で、テレビでいつもはきはきと受け答えをする姿を見ていると、いじめに遭うようなことはないだろうと確信できる。鈴花ちゃんガンバレ。感激したことは東大和市の計らいで、義務教育の間は看護師資格を持つ介助員を学校に、さらに共働きの両親のため学児保育所にも介助員を配置するという配慮である。大切な税金の使い方として、ほかの地方自治体もぜひ見習ってほしい。

|

« 銃や核などはこの世に不要 | トップページ | 大切にしたい日米友情の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151225/6221015

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴花ちゃんの支援体制感激:

« 銃や核などはこの世に不要 | トップページ | 大切にしたい日米友情の話 »