« 野球特待制度なぜ悪いのか | トップページ | 道徳心の意義日本人は学ぶべき »

2007年5月11日 (金)

大切にしたい人への優しさ

ハナミズキは日米両国の友情の花です。過日、イギリスの友人から、ハナミズキ
はイエス・キリストが 磔の刑になった時の十字架の木で、それは自己中心的に生き
るのではなく、 謙虚に人に仕えることを意味していると聞きました。今の時代、自
分さえ良ければといった社会的風潮が強まる中、人は助け合って生きねばといっ
たことを教えたのだと思います。テレビで「鬼平犯科帳」を見ていた時、名も知
らぬ人や罪を犯した人たちに見せる鬼平の優しさめハナミズキに似ていると思い
ました。「人は強くなければ生きていけない。優しさがなければ生きてる価値が
ない」といっているようです。話や緑は人の心を癒やしてくれます。大切にした
いのは、人への優しさと自然との共存です。

|

« 野球特待制度なぜ悪いのか | トップページ | 道徳心の意義日本人は学ぶべき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大切にしたい人への優しさ:

« 野球特待制度なぜ悪いのか | トップページ | 道徳心の意義日本人は学ぶべき »