« 常軌を逸した弁明あきれる | トップページ | 延命措置中止法整備が必要 »

2007年6月 3日 (日)

保育料未納に厳しい対応を

認可保育園の保育料滞納が三億円を超えているという。少し前、給食費の未納が
問題となり、栃木県宇都宮市教育委員会は保護者に連帯保証人付きの確約書を求
める事態となった。今回の保育料も、本当に家計の厳しい家庭は別にして、支払
い能力がありながら払わない保護者がいるという。給食費にしても保育料にして
も税金で補助をしており、その根底には子供たちを大人の責任で育てていこうと
いう教育の原理がある。給食を食べていながら保護者が費用を払わないというこ
とは恥ずかしいことであり、子供が世話になりながら保育料を払わないことも非
常識なことだという感覚を持たなければ、子供に正しい教育はできないと思う。
関係機関は、子供を預け、きちんと支払っている保護者が「正直者がばかをみる
」ということにならないように

|

« 常軌を逸した弁明あきれる | トップページ | 延命措置中止法整備が必要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保育料未納に厳しい対応を:

« 常軌を逸した弁明あきれる | トップページ | 延命措置中止法整備が必要 »