« 消費者考えた管理の確立を | トップページ | 成果を残した桑田投手の夢 »

2007年8月28日 (火)

闇しか生まぬいじめ追放を

今、いじめが多くなっています。なぜこのようなことになってしまったのでしょうか。まず挙げられることは、人の心を読めなくなってきているということです。ゲームの普及などにより、人と接することがとても少なくなってしまったことが原因ではないでしょうか。次に、限度が分からないということがあります。人とかかわりを持つことが少なくなってしまったことで、限度をわきまえられなくなったのかもしれません。ほかにも自己中心的な考えや、いじめられたから自分もやるという考えで、いじめをやっているということもあるのではないでしょうか。「いじめ」は、やる側にとっても、やられる側にとっても、何もいいことを生みません。それは人の闇しか生まないのです。

|

« 消費者考えた管理の確立を | トップページ | 成果を残した桑田投手の夢 »

コメント

日本はいじめ社会と思います。
戦えない相手にいじめするは日本人の文化です。

朝朝龍もその代表的な例です。
一人外国人なので、いじめしてもだれも手伝ってくれない。

その結果、朝朝龍は集団暴行されます。

これは日本の文化だ

********************
外国人だから、この目にあう!
このHPを読む人は 自分が「品格」がいい
といえるひとはなんにんいるんですか?

外国人を攻撃することはとても面白いですね!
私は一生日本人を恨んでいます。

昔、日本人が私の国にあそびにきたら、優しくしてあげるんですが!

これから、いちわる日本人を一生を掛けて、日本人が嫌いになります。


Ps.お願いされて、親善試合を参加するだけ、こんなに悪いですか?
本当でたくないですが、お願いされて、でなければならないじゃないか?


彼はだれも殺していないじゃない。

私は朝朝龍であれば、これから日本という国に絶対すきにならない。
大統領になったら、日本という国を友好関係をもってほしいくない。

投稿: 日本人がいやになった外国人 | 2007年8月30日 (木) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151225/7713944

この記事へのトラックバック一覧です: 闇しか生まぬいじめ追放を:

« 消費者考えた管理の確立を | トップページ | 成果を残した桑田投手の夢 »