« 大人がしつけ善悪の判断力 | トップページ | 地域に育てる災害支援の力 »

2007年8月21日 (火)

道徳心の蓄積品格を育てる

中国の古典「尚書」に「人心これ危うく、道心これ微かなり」とある。道徳心は階段を一つ一つ上がっていくように、心の中に絶えず積み重ねていくことが大切である。日ごろの生活の中にある小さな思いやり、助け合いの実行の積み重ねが大切であり、品格を育てることになろう。「いつから」ではなく「気づいた今から」、「どこから」ではなく「自分の身近なところから」スタートする。自分のたった一度しかない人生だからこそ、人のために、社会や地域のために自分を役立てたい。一人一人が社会に何らかの貢献をしてこそ、美しい国民として喜べる
力となるはず。どんな小さなことでも自分自身が誠意を持って実践すれば、人間関係も良くなり、喜びとなり、共感できる地域、心の絆になると思う。

|

« 大人がしつけ善悪の判断力 | トップページ | 地域に育てる災害支援の力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151225/7624064

この記事へのトラックバック一覧です: 道徳心の蓄積品格を育てる:

« 大人がしつけ善悪の判断力 | トップページ | 地域に育てる災害支援の力 »