« 実感できない介護の難しさ | トップページ | 国民への謝罪聞かれず残念 »

2007年9月18日 (火)

見習うべきは障害者の介助

通勤途中に見た光景である。駅のホームで目の不自由な人が待っていると、電車が入ってきた。乗降客で込み合うなか、周りの人がその人を介助して乗せてあげた。終着駅に着くと、ホームは込み合っていたが、列に並んでいた女子高生二人がスッと現れて、その人の手を取り、ホーム上の階段まで導いた。そして階段の手すりに触れたのを確認して、離れた。その後、二人は先ほどの電車で学校に向かった。あのまま乗れば座れたであろうに、二人は毎日、そうして連絡通路を往復しているようであった。手を取るしぐさ、歩調の確かさ、自然な話し掛け方などでよく分かる。彼女たちのような若者を育てることが、これからの日本をつくることなのではないかと思い、心が晴れ晴れとした朝だった。

|

« 実感できない介護の難しさ | トップページ | 国民への謝罪聞かれず残念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見習うべきは障害者の介助:

« 実感できない介護の難しさ | トップページ | 国民への謝罪聞かれず残念 »