« 長寿の秘訣は人につくして | トップページ | 女性や子供を犯罪から守ろう »

2007年9月 3日 (月)

器用さの体得積み重ねが大切

子供が不器用と思っている大人が八割を越すという記事を読んだ。家庭教育や学校教育で、危険を盾にした「やらずじまい・させずじまい」が不器用な子供を生み出しているように思った。人間誰しも、体験なくして器用さを体得することはできない。経験と積み重ねが物を言う。それが「あれはいけない。これはいけない」と禁止ばかりしていては使えるようになるはずがない。「子供は不器用だ」などという前に、禁止せず安全に配慮して使わせねば器用にならない。現状は、ナイフを使う機会が少ないのではなく、使わせないのである。勉強優先で、手伝いをしなくなったのではなく、させないのである。危険に十分配慮し、教え込まないと不器用な子供はなくならない。

|

« 長寿の秘訣は人につくして | トップページ | 女性や子供を犯罪から守ろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 器用さの体得積み重ねが大切:

« 長寿の秘訣は人につくして | トップページ | 女性や子供を犯罪から守ろう »