« 人々苦しめる戦争は「殺人」 | トップページ | 器用さの体得積み重ねが大切 »

2007年9月 2日 (日)

長寿の秘訣は人につくして

2006年の日本人女性の平均寿命は85.81歳で長寿世界一、男性は79歳で世界二位となりました。本当に喜ばしいことです。幕末の志士吉田松陰は「1日世に在れば、1日為すあり」と述べています。「人は何のために生きているのか。それは他人のために尽くすことだ」という意味で、人間本来の生き方を表した名言ですね。若い人も高齢者もそれぞれに、人のために尽くすことができます。笑顔で挨拶したり、思いやりのある優しい言葉をかけて、家庭や社会を明るくすることは、年を重ねてもできます。今日も元気で生きていられるのは、多くの人々のおかげであり、本当にありがたいことです。高齢者になっても健康長寿に心掛け、少しでも世のため人のために微力を尽くしていきたいものです。

|

« 人々苦しめる戦争は「殺人」 | トップページ | 器用さの体得積み重ねが大切 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長寿の秘訣は人につくして:

« 人々苦しめる戦争は「殺人」 | トップページ | 器用さの体得積み重ねが大切 »