« 喫煙マナーが地球を変える | トップページ | 特措法反対の小沢氏に疑問 »

2007年9月 6日 (木)

戸籍の電子化簡略化に反対

「子供が戸籍から消えた」というテレビ番組を見た。戸籍の電子化に伴い、電子化以前に死亡した子の名前を電子化する際に、削除してしまうというのだ。ある夫婦は第三子が消され、子供は二人しか産んでいないことになっていた。別の夫婦は、次男が消され長男から三男に飛んで記録されていた。消されてしまった子は、この世に生まれてこなかったことになってしまった。わたしは、相続で父の戸籍を取り寄せたことがある。十五枚ほどの写しが届いたが、これがわたしの存在の証であると思った。幸い戸籍原本が百年間保管されているので、子供の名前ん取り戻せる。戸籍の電子化は、人生や人の根源を削除、簡略することではない。電子化は賛成だが、現本通りに写し替えてくれることをお願いしたい。

|

« 喫煙マナーが地球を変える | トップページ | 特措法反対の小沢氏に疑問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸籍の電子化簡略化に反対:

» これが本物のマニュアルです。 [私の情報と出会えた喜びの声が聞きたいのです!]
今なら、完全なる不労所得を得る事が出来るのです。 ネットで不労所得を確保することは、簡単に出来ます。 [続きを読む]

受信: 2007年9月 6日 (木) 22時51分

« 喫煙マナーが地球を変える | トップページ | 特措法反対の小沢氏に疑問 »