« 見習うべきは障害者の介助 | トップページ | 柔道国際化で日本は奮起を »

2007年9月19日 (水)

国民への謝罪聞かれず残念

安倍晋三首相が突然の辞意を表明し、日本中に大きな衝撃が走った。首相は記者会見で辞任の理由について①テロ特措法の延長問題について、実現が極めて困難な状況となる中で、打開策を図るため②小沢一郎民主党代表に党首会談を持ちかけたが断られた…などと話したが、自らの健康問題は触れなかった。辞任表明に各党各議員からさまざまな反応が見られる中で、野党からは臨時国家が閉会したばかりの時期だけに、首相としてあまりにも無責任な態度であると厳しい批判を受けた。わたしが一番印象に残ったことは、テレビで見た首相は、国民に向けての会見でありながら、国民に対して一言の謝罪らしき言葉が聞かれず、誠に残念だった。あらためて国民の目線に立っていないことを知り、妙に納得させられた。

|

« 見習うべきは障害者の介助 | トップページ | 柔道国際化で日本は奮起を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民への謝罪聞かれず残念:

« 見習うべきは障害者の介助 | トップページ | 柔道国際化で日本は奮起を »