« 今ある幸せを記憶に残したい | トップページ | 挑戦する心構え成長するチャンス »

2008年10月 4日 (土)

消費者無視した経営成り立たず

汚染米、事故米、今回の事件で初めて聞いた言葉です。張本人の業者は「顧問のアドバイスを軽率に聞いてしまった」と他人事のように弁明している。一方、監督責任のある農林水産省が何回も立ち入り検査に入りながら、何年も不正を発覚できなかったことには憤りを感じます。まして業者からの接待に応じており、便宜供与があったのではないかと疑ってしまいます。また今回の汚染米の消費者が子供や老人であることも、誠にやりきれません。自分の目先の利益のみを追求し、食文化に携わる業者としての使命を放棄しています。現代社会は消費者が主導の社会であり、消費者目線をしっかり考えた上での企業経営が求められています。消費者を無視した経営を行えばマーケットから排除されることを痛感すべきです。

|

« 今ある幸せを記憶に残したい | トップページ | 挑戦する心構え成長するチャンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151225/24265274

この記事へのトラックバック一覧です: 消費者無視した経営成り立たず:

« 今ある幸せを記憶に残したい | トップページ | 挑戦する心構え成長するチャンス »