2007年5月24日 (木)

時には厳しく子供を叱ろう

「昔はよかった」というつもりはないが、最近気になるのは、大人が子供にこびるような風潮である。昔は決してなかったことと思う。この弊風が種々の社会問題・教育問題を引き起こしている。子供の人権尊重を子供への迎合とはき違え、ご機嫌取りに堕している大人が多くはないか。新聞でチェーンメール事件が取り上げられたが、これとて携帯電話でも何でも子供が欲しがれば配慮もなく与える大人の態度が問題で、子供の欲求を無制限に肯定する風潮がその根底にある。間違ったことをしたら、時には「ばか野郎」と怒鳴りつけるのも大人の義務の一つである。衝突を恐れるあまり、耳当たりのいい言葉を並べるだけの大人は、子供を尊重しているとはいえないし、また子供の方もそうした大人の腹を見透かし、決して心から心服などはしないものなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 8日 (火)

いたわり合う家庭を大切に

ほんの小さなことでも「ありがとう」の言葉を添えたいし、また「ごめんなさい」と謝る心も大切だと思う。人間には誰でも失敗があり、そうした弱さを持つことで、わたしたちはお互いに良好な人間関係と愛というきずなで結ばれ生活している。もし、まったく失敗のない完全な人間がいたとしたら、愛するよりも恐れていまう。つまり近寄りがたい人なのではないだろうか。誰しも欠点を持っており、その欠点を許し、見せ合ってしまう場所が家庭でもある。お互いに許し合い、いたわり合うところに家庭のモラルが成り立つのではないでしょうか。「おはよう」「ありがとう」など、ちょっとしたいたわりの言葉こそ大切にすべきで、社会生活でもこうした身近なことを大事にすることが、良き人間形成に役立つものと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

新しい門出にファイトわく

春は花の季節であるとともに、小中高への入学進学の季節であり、子供たちは新
たな喜びと希望に満ちて春を迎えている。新たに就職する人たちは、胸を膨らむ
ような喜びを持って、自分の力で働く決意に燃え、明るい表情で自立への門出に
立っている。まさに自立の春である。また、春は結婚の季節である。昨日までは
一人で考えてきたことを今日からは二人で考えて、互いに助け合い、支え合って
力強く歩み始める季節でもある。春になると、希望やファイトがわいてきて、誰
もが新しい門出にふさわしい思いに駆られる。この思いを持ち続け、それぞれの
道において精一杯頑張り、人生の花を咲かせていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

思いやる心が生活に必要だ。

おいら赤鬼君 Toy おいら赤鬼君

販売元:ジグ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おいら青鬼君 Toy おいら青鬼君

販売元:ジグ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

強いぞ 赤鬼DX Toy 強いぞ 赤鬼DX

販売元:ジグ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ある日、ギリシャの哲学者ディオゲネスが真昼の大通りをランプをさげて歩いていたので、通りかかった人が「何を探しているんですか」と尋ねると、彼は「本当の人間を探しているんだよ」と答えたという。本当の人間とはどんな人間か。「人間」とは字の通り、人と人との間のことであり、これが非常に大切であると思う。夫婦、友達、職場の人に至るまで、人と人とがその間に思いやりの心を持ってこそ、本当の人間と言えるのではないだろうか。大空に輝く太陽は思いやりの光と熱で、地球の万物をはぐくんでいる。人間も思いやりの温かい心で、お互いに助け合い、励まし合い、愛し合うことによって、家庭や社会を明るくし、楽しく生活することができるのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月31日 (日)

心育てるのは愛情ある家庭

教育基本法の改正にあたっては「愛国心」をめぐる論議がありましたが、わたしは愛国心より大切なものがあると思います。それは「思いまり」です。決して愛国心が悪いと言っているのではありません。今、必要なのは、相手を思いやる心、自分を大切にし、他人も大切にすることが重要なのではないでしょうか。他国に誤解を与える「愛国心」より「思いやり」のある心の育成に力を注ぐべきではないでしょうか。心を育てる基本は家庭にあると思います。1日1日の愛情ある「習慣」が心を育てるのだと思います。昨今は、何もかも先生任せになっていないでしょうか。生きる上で何が大切かに気付いて1日1日を大切にしたい。いくつになっても習慣は変えられるものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

クリスマスは家族で食卓を

3合うすきねセット 21050 Kitchen 3合うすきねセット 21050

販売元:浅野木工所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

華飾り モダン飾り 雅 SK-07 Kitchen 華飾り モダン飾り 雅 SK-07

販売元:神明堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

華飾り 干支 No.1 YK-111 Kitchen 華飾り 干支 No.1 YK-111

販売元:神明堂
発売日:2005/12/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

玄関飾り(ドア飾り) 新和風 慶び SK-03 Kitchen 玄関飾り(ドア飾り) 新和風 慶び SK-03

販売元:神明堂
発売日:2005/12/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

知人の息子が言っていた。新聞を開くと毎日のように犯罪の記事が載っている。そんな中で「フィンランドの森」という聞き覚えのある言葉を耳にした。僕は小 さいころ、本物のサンタクロースに会って握手をした。そこは那須町のミニテーマパーク「フィンランドの森」だった。本物のサンタさんの手はものすごく温か く優しくて、何だか僕まで優しい気持ちになった。サンタさんはプレゼントを運ぶだけじゃなく、優しい気持ちを運んでくるのだと思い、僕も優しい気持ちの持 ち主になりたいと思ったのを覚えている。世の中では今、個食をする少年が増加しているという。せめてクリスマスくらいはあふれるくらいの笑顔で温かい食卓 を囲む家族が増えるといいなと思う。そうしたら、本物のサンタさんが、たくさんの優しい気持ちを運んで来てくれて、犯罪も減少すると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

時代に則した子育て環境を

マペットのクリスマス・キャロル DVD マペットのクリスマス・キャロル

販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2005/11/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ARTCLAY SILVER アートクレイシルバーで作る純銀アクセサリーセット プチムーン A-143 Kitchen ARTCLAY SILVER アートクレイシルバーで作る純銀アクセサリーセット プチムーン A-143

販売元:相田化学工業
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ARTCLAY SILVER アートクレイシルバー650粘土タイプ 50g A-075 Kitchen ARTCLAY SILVER アートクレイシルバー650粘土タイプ 50g A-075

販売元:相田化学工業
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨今、多くの女性が職業を持ち、結婚後も子どもを保育所や幼稚園に預て働く母親が多い。そのため保育所と幼稚園の機能を一元化した「認定こども園」制度がスタートしたが、早速一元化を取り入れて運営を初めた保育所があるとの話を聞いた。本来こどもは自分の手で育てたいとの思いは、母親なら誰しもあると思いが、現実的には夫婦で共働きしている傾向が多い。そのため女性にとって子どもを安心して預けることにより仕事や家業に専念できる。現代は昔と違い、夫が働き妻子を養っていく時代ではなく、夫婦とも働きで家庭が成り立っていく時代なのかもしれない。その流れにそうためにも認定こども園の重要性や家庭の在り方を真剣に考えなくてはならない時代なのではないのだろうか

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2006年11月21日 (火)

虐待早期発見近隣の力必要

ARTCLAY SILVER アートクレイシルバー650粘土タイプ 7g A-052 Kitchen ARTCLAY SILVER アートクレイシルバー650粘土タイプ 7g A-052

販売元:相田化学工業
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス Book ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス

著者:ジャネット アルバーグ,アラン アルバーグ
販売元:文化出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

クリスマス・アルバム Music クリスマス・アルバム

アーティスト:オムニバス
販売元:インディペンデントレーベル
発売日:2006/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ARTCLAY SILVER アートクレイシルバー650スロードライ 20g A-137 Kitchen ARTCLAY SILVER アートクレイシルバー650スロードライ 20g A-137

販売元:相田化学工業
Amazon.co.jpで詳細を確認する

幼児虐待に端を発した悲惨な事件が後を絶たない。先ごろ秋田県で起こった四歳児の虐待致死事件は、その全容が明らかになるにつれ、母親の稚拙さとともに、犯行を強要したとみられる男の冷酷さに肌寒さを覚える。昨今の風潮として他人のことには口出しをしないで、かかわらないという傾向にあるが、そうした消極性と無関心さが、さまざまな事件発生の原因の一つとみることもできる。とりわけ親による子どもへの虐待は、近隣の人がそれとなく気付くこともあり、早めに児童相談所などへ連絡するなどの手だてを施す勇気が大切だ。こうした通報に児童相談所は敏感に反応し、スピードと積極性のある適切な対応を示してほしい。自己防衛のできない幼児がこれ以上犠牲にならないことを望みだい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月29日 (日)

子は家族の宝・育児に忍耐を

幼い子供が虐待され死亡する事件が全国で相次いでいる。地域の児童相談所に第三者が事実を訴えても、親から職員への訪問を拒否されれば、それ以上は動くこ
とができないというので、虐待が疑われる家庭には警察が立ち入ることを検討しているという。虐待するのが一番大いのは実母で、「育児に疲れた」「子供が言
うことを聞かない」などの理由があり、初めはしつけのつもりで行ったことがエスカレートしていく。わたしの家にも小学生がいるが妻は子供達が幼児の時、同
じような悩みは育児中の母親なら誰も経験することだ。親が大変なのはわずかな間なので我慢し、それなりに接することが大切なのではないか。この夏、福島県
で子供に食事を与えないで衰弱死させてしまった事件もあったが、子供は家族のPhoto_5 宝物だということを認識してもらいたい。我が家では毎日家内は長男に私は長女
にハグをして我が家の宝物と子供達に伝えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

娘にドキ

娘(小学校2年生)と風呂に入って頭を洗ってあげたんだけど、洗った後にタオルでふいてあげたまではいつもと同じで、その後にタオルを頭に巻いてゴムで止めたんだけど止めるのをおでこの上くらいでとめたら小学校2年生のわりに大人っぽかったなんて思ったのにドキっとしてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧